セルライト対策NAVI

骨盤矯正する

骨盤矯正もセルライト予防に効果的だと言われています。まだ、セルライトが付いていないときに骨盤矯正をして、予防することも出来ますし、少しだけ付いてしまってからでも取り除くことが出来ます。セルライトを予防するだけでなく、きれいな姿勢と健康な体を手に入れましょう。

骨盤が歪む原因

なぜ、骨盤矯正がセルライトの発生を予防するのかということを説明する前に、骨盤が歪む原因について見てみましょう。

毎日の動作

睡眠をとる女性

日常生活での様々なことが、骨盤の歪みの原因になっています。例えば、いつも同じほうの手ばかりで荷物を持つ、高さの合わない机や椅子で仕事をしている、椅子に座るときに脚を組む、床に直接座る、ハイヒールをよく履く、うつ伏せで読書をするなどです。このような動作を毎日していることで、骨盤が徐々に歪んでいきます。

出産

骨盤の歪みは、出産時にも起こります。出産経験のある女性の多くは、骨盤は開いてしまっています。これは、出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくするために、骨盤が大きく広がるからです。このため、出産を機に、骨盤矯正に通う人も少なくありません。

その他のこと

日々の動作以外にも、運動不足や加齢によって、骨盤が歪むことも考えられます。これは、骨盤や背骨を支えている筋肉が弱っていくことで起こります。

セルライトと骨盤矯正

一見すると、何の関係も無いように思うセルライトと骨盤矯正ですが、実は大いに関係があります。骨盤が歪んでしまうと、下半身に脂肪が溜まりやすくなると言われています。では、どうしてそうなるのでしょうか。 骨盤が歪むことで、普通なら付かないような部分に筋肉が付いたり、血液循環が悪くなって、むくみやすくなります。こうして、むくみが生じると、セルライトが出来やすくなるので、骨盤が歪んでいる場合はセルライト除去よりも骨盤矯正を優先させましょう。 健康促進を主な目的としている整体や手技療法により、骨盤矯正することで後々セルライトを除去しやすくなって、健康的なスリムボディになることが出来ます。

骨盤矯正の利点

骨盤には、体の土台となる重要な役割があります。このため、その土台に何らかのトラブルが生じると、体に様々な症状が現れます。肩こりや腰痛、頭痛、冷え性、便秘などの症状のほか、子宮や卵巣の機能低下、不妊、生理不順といった女性特有の症状が出てきたりもします。

骨盤矯正すると

エクササイズ

早いうちに骨盤矯正を受ければ、骨盤を正常な状態に戻すことで、これらの症状の改善・予防にも役立ちます。今までずっと続いていた体の不調は、骨盤の歪みからきていたのかもしれません。骨盤矯正の利点として、このように様々な体調不良を改善してくれることはもちろん、下半身の新陳代謝を促し、脂肪燃焼に効果を発揮することが挙げられます。

おしり歩き

自宅でも出来る簡単な骨盤矯正に、「おしり歩き」というものがあります。この「おしり歩き」は、腰まわりやおしりの筋肉を鍛えるためのエクササイズです。セルライトがたくさん付いてしまっている下半身太りに、効果が期待できます。骨盤の真ん中にあって、背骨の下端にある仙骨と呼ばれる骨を意識しながら、行うことがポイントになります。 床に座ったまま出来る手軽な運動なので、ぜひ皆さんも「おしり歩き」にチャレンジしてみてください。

手順

1. 床にストレッチマットを敷き、その上に脚を伸ばした状態で座ります。
2. 両手を前に伸ばし、肩の高さまで上げます。
3. おしりはマットにしっかりとつけたまま、お腹を引き上げる感じで背筋を伸ばします。
4. 次に坐骨をマットにつけた状態で、右腕と右脚を同時に前へ押し出すようにして、1歩前進します。
5. 左も同じようにして、坐骨を交互に動かし、おしりで歩くようにします。
6. この動作を繰り返し、20歩前進したところで、今度はそのまま20歩後ろへ下がります。
7. きつければ最初は10歩くらいでも構いませんが、3往復を目安に行ってください。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2011 セルライト対策NAVI  All Rights Reserved.