セルライト対策NAVI

固太りタイプ

昔、スポーツをしていた人に多いのが「固太りタイプ」です。下半身の筋肉が硬くなってしまっていることで、セルライトがたくさん付いていても、分かりにくいこともあります。このタイプのセルライトは解消しにくいので、長い目で見なければなりません。ここでは、「固太りタイプ」の特徴を紹介していきましょう。

こんな人は注意!

「固太りタイプ」になるのは、どういった人なのでしょう?下記の項目に3つ以上当てはまる人は、「固太りタイプ」ということになります。

1. 昔、長い期間スポーツをしていた。
2. 脚を触ると硬くなっていて、筋肉か脂肪か見分けがつきにくい。
3. 比較的汗かきだ。
4. 何だかんだと、1日中歩いているような気がする。
5. 昔よりも運動量は減ったけれど、食べる量は減らない。
6. わりと活発で、元気なほうだ。
7. 肉が大好物。
8. 学生時代にバレエ、ダンス、器械体操などをやっていた。

固太りタイプの特徴

「固太りタイプ」の多くは、学生時代などのスポーツ(クラシックバレエやダンスなども含め)を長く続けていた人によく見られます。下半身はがっちりとした筋肉質なのが特徴的です。このタイプは下半身だけではなく、手や足先にも硬い脂肪が付いている場合もあるでしょう。イメージとしては、筋肉と脂肪が霜降り状になっている状態です。

便秘にも気をつけよう

笑顔の女性

「固太りタイプ」の特徴の1つとして、便秘気味という点も挙げられます。便秘薬を常用している人も少なくありません。にもかかわらず、冷たいものを好んで食べたり飲んだりすることが多く、水分や栄養分をとてもよく吸収するため、太ると同時にセルライトも出来てしまいます。

筋肉について

冒頭で「固太りタイプ」のセルライトは、解消しにくいと述べました。それは、たくさんの筋肉が付いているためです。 セルライトの解消法については次の項目で紹介しますが、その前にここで筋肉について説明したいと思います。 筋肉には「速筋」と「遅筋」の2種類があり、速筋は素早く収縮する筋肉、遅筋はゆっくり収縮する筋肉です。筋トレなどによって鍛えられていくのが、発達の早い速筋で、ムキムキの筋肉になりやすいという特徴があります。セルライト解消のためには、この速筋を落としたほうが良いでしょう。一方で、遅筋はマラソンなどの有酸素運動によって少しずつ鍛えられていくのが、発達の遅い遅筋で、この筋肉には代謝を良くする働きがあります。

セルライトの解消

「固太りタイプ」の場合、他のタイプよりもセルライトを解消することは難しく、時間がかかるため、日々の努力と根気が必要になります。パンパンの筋肉とともに、セルライトも硬くなってしまっています。このタイプの人には脂肪燃焼に欠かせない筋肉がちゃんとついているので、これをうまく利用すれば、効果的にケアすることができます。

有酸素運動をする

運動でダイエット

昔スポーツをしていた人には、十分な筋肉量が備わっています。なので、あとは代謝アップを心がけるようにしましょう。そこで、毎日軽い有酸素運動を行うことをお勧めします。くれぐれも激しい運動は控えましょう。運動については、【運動する】のページでも説明しているので参照してください。

食事にも気を配る

体質というだけでなく、食行動にも問題があります。早食いを止め、出来るだけゆっくり時間をかけて食事するようにしましょう。また、果物や砂糖などの糖質類と脂肪分を一緒に摂らないようにしてください。これらを一緒に摂ると、摂取しきれなかった糖分が体脂肪に変わり、脂肪分も体脂肪になり、結果的に肥満になりやすいと言われています。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2011 セルライト対策NAVI  All Rights Reserved.