セルライト対策NAVI

セルライトが出来やすい人

ここで紹介することは、【セルライトとは?】のページ内で取り上げている「原因」とも大きく関係しています。皆さんは、どんな人にセルライトが出来やすいと思いますか?一般的には、下半身太りに悩んでいる人に、多く見られます。また、そういう人は、冷え性やむくみの症状が出やすいという特徴もあります。

立ち仕事が多い人

脂肪細胞まわりの血行不良は、セルライトが出来る大きな原因の1つです。特に、立ち仕事をしている人は十分に気をつけなければいけません。長時間立ったままの状態でいると、下半身の血液循環が悪くなるばかりでなく、むくみやすくもなります。このむくみは、リンパ管の働きが悪いと発生します。もともとリンパ管には、余計な水分や老廃物を取り除く役割があるのですが、取り除ききれなかったものがセルライトになるのです。

座りっぱなしもダメ!

デスクワーク

立ち仕事の多い人ばかりではなく、1日中座りっぱなしの人も、むくみが慢性化しやすくなっています。オフィスでのデスクワークが多い人などは注意する必要があります。椅子に座った状態でも、時々軽く足を動かすなどして、出来るだけむくまないようにしましょう。

ホルモンバランスが崩れている人

妊娠時や更年期などにホルモンバランスが崩れて、それがきっかけでセルライトが出来てしまうこともあります。一般的には30~50代の女性に、セルライトが出来やすいと言われています。これは、ちょうどホルモンバランスが崩れる時期と重なるためで、代謝の低下によるものです。このほか、生理による周期的なホルモンバランスの変化も、セルライトに影響してきます。

ホルモンバランスとの関係

妊娠、更年期、毎月の生理などによるホルモンバランスが変化することで、血液やリンパの流れが滞りやすくなってしまいます。そのため、エネルギーが消費されることなく、脂肪が溜まっていく……そんな悪循環になるのです。

不規則な生活をしている人

常に寝不足状態の人や、昼夜逆転の不規則な生活をしている人も、注意しなければなりません。寝不足や不規則な生活そのものがストレスとなり、自律神経がうまく働かなくなってしまいます。これにより、代謝が低下してセルライトが出来やすい体質を作り上げます。

規則正しい生活を

ストレッチをする女性

そもそも不規則な生活は、体に良いものではありません。体に様々な問題を引き起こします。規則正しい生活は、セルライトの発生を防ぎ、健康的な体作りをする基盤となります。毎日なるべく同じ時間に寝起きし、食事をとって、生活のリズムを正常にしてください。どうしても、夜寝付けない人などは寝る前に軽いストレッチをしたり、ホットミルクを飲んだり…色々試してみると良いかもしれません。

喫煙者や野菜嫌いの人

セルライトの原因となる血行不良や代謝低下。これまで紹介してきたように、これらを招きやすい状態になっている人はすべて、セルライトが出来やすい人と言えるでしょう。 喫煙者や野菜嫌いの人も、例外ではありません。たばこに含まれているニコチンは、血管を収縮させるため、血行が悪くなります。一方で、野菜嫌いの人は、肉中心の食生活だと思います。肉中心の偏った食事は、血中のコレステロール値を上げ、血行が悪くなってしまいます。

食道楽の人も要注意!

色々な料理を食べ歩くことが好きな食道楽の人も、セルライトが出来やすいと言われています。ラーメンや揚げ物といった脂肪分の多い食事ばかりをとっていると、セルライトを発生させることに……。肉や揚げ物などを摂らないほうが良いとは言いませんが、野菜もたくさん摂取して、バランスの良い食事をすることが大切です。

ページの先頭へ

Copyright(c) 2011 セルライト対策NAVI  All Rights Reserved.